看護日誌

東京都済生会向島病院、看護部のブログです。看護師が交代で日々の出来事や想いをお届けします。

2016年 新年の挨拶

2016年01月07日

あけましておめでとうございます。
今年は、例年に比べ温かな年明けとなりました。皆様はどのように過ごされたでしょうか。
年末年始や長期の休暇では、どこで過ごすか、どのように過ごすかだけでなく、誰と過ごすかも重要であると思っています。

私は、家族と実家でゆっくり過ごさせていただきました。と言っても、荷物の中にパソコンや本を入れての帰省でしたので、まったくのOFFモードではなかったように思いますが、何人分?と思うほどの料理を頂きつつ、楽しく過ごすことが出来ました。(勤務してくださった方々、ありがとうございました。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時期になると、各地域に色々なお雑煮があることも話題になりますが、そういえば・・・今回食べてないわ!と今さらながら気づきました。しかし到底食べきれないので、無くて正解だったのかもしれません。

平成28年が始まり、1月4日が仕事始めの方も多かったかもしれませんが、このような連休期間にも多くの方が働いてくれています。病院もそうですが、公共交通機関・レジャー施設や宿泊施設など、そういった方のご努力があって、休暇を楽しむことが出来るのだと思います。本当にありがとうございます。

さて、今年も地域との繋がりを大切にした病院を目指して、看護部としても努力を重ねて行きたいと思います。そして今年も、笑顔を絶やさず、笑顔の連鎖を生み出すべく!進んでいきたいと思います。
本年も、よろしくお願いいたします。