看護日誌

東京都済生会向島病院、看護部のブログです。看護師が交代で日々の出来事や想いをお届けします。

ブログ記事一覧

  • 2019年02月12日 【新着】

    看護日誌 今年の冬は…

    平成最後の年が明けたと思ったらあっという間に2月を迎えました。歳のせいか年々時間の流れが早くなっていく気がして、焦りすら感じます。 1月は東京では記録的な少雨で連日乾燥注意報が出ていました。乾燥の影響で静電気が事の外酷かったように思います。年末はまだ少なかったインフルエンザも年明けから増え、未だに猛威を振るっています。我が家では、夫が正月休み明け早々インフルエンザに感染しました・・・続きを読む
  • 2018年12月28日

    看護日誌 運動することの大切さ

    今年2度目の看護日誌になります。 前執筆から既に半年が経ち、あっという間の1年でした。 クリスマスも終わり、街はお正月モードです。年内のうちに片付けておきたいことリストを頭の中で作っていると、何かと毎日が忙しく過ぎていきます。 でも、この時期はイベントが盛りだくさんで、私的にはワクワクして大好きです。 話しは変わりますが、今年の夏頃から体質改善目的でジムに通い始めました。きっか・・・続きを読む
  • 2018年12月06日

    看護日誌 中学生が職場体験に来てくれました

    当院では看護師を目指す方が体験する看護師体験や、看護学校で学んでいる方が体験するインターンシップ等様々な仕事体験を受け入れています。 毎年、この時期は近隣の中学生の職場体験を受け入れています。今年度は5名の方が体験に来てくれました。中学生の体験は将来働く事の意義を学ぶ目的もあり、3日間にわたり病院の様々な部署で体験を行っていただいています。 いつも終了後に丁寧なお礼の手紙を下さ・・・続きを読む
  • 2018年11月07日

    看護日誌 今年の夏の思い出

    年々自然災害が増えているように感じます。被災地の皆さまにはお見舞い申し上げます。 皆さん「夏の思い出」という歌をご存知ですか。「夏がく~れば おもいだす~ はるかな尾瀬 遠い空~」という歌です。私は田舎もなく尾瀬に行ったこともありませんが、夏というとなぜだかこの歌をハミングしてしまいます。この歌にすごい思い入れがあるというわけではないのですが、胸に染みます。不思議ですね。 話は・・・続きを読む
  • 2018年10月22日

    看護日誌 芸術の秋

    まだまだ暑い日もありますが、朝晩の気温差もだいぶでてきて少し秋の風が心地よいですね。 皆様は今年の秋の過ごしかたはもう決めましたか? 向島病院では一足早く、芸術の秋を先取りさせていただきました。 その様子をレポートしましたので、皆様にご紹介させていただきます。 9月5日に昨年同様、芸術家の方と合同でレクレーションがにぎやかに開催されました。 初めに当院に飾ら得ている芸術家の方の・・・続きを読む
2月 2019
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728