看護師便り

東京都済生会向島病院、看護部のブログです。看護師が交代で日々の出来事や想いをお届けします。

今までも・・・・そして、これからも・・・・

2009年08月03日

花火 こんにちは。夏の花火は見ましたか?
今回、看護日誌への投稿を仰せつかり、どんなことを書こうかなぁと少し考えました。
丁度、去年の今頃です。自分のキャリアアップにつなげるため(ちょっとカッコつけ過ぎかな(^_^;))、猛勉強(?)に励み認定看護師の教育課程に合格しました。
入学後、認定看護師とは・・・という内容の講義から始まりました。その講義を受けた時、「自分には、まだまだ無理だ・・」と思いました。それは、認定看護師は『看護師としてもリーダーとしても、また、人間的にも秀でていなければならない。』というのが、私自身の解釈でした。
わたしは一応、これでも9年間看護師として仕事を続けており、リーダー業務も行い、ある程度の自信やプライドもありました。しかし、講義を受けていく中で、自分の知識のなさ、経験のなさを痛感し、自分が積み上げたものが崩れ、挫折感を感じる日々でした。
そんな自信のない状態で実習が始まりました。
実は私、卒後就職したのが向島病院なので、他の病院で看護を行うのは学生以来!なので、私の心中は不安と緊張の嵐でした。
看護師 しかし、私は実習指導者の方に恵まれていました。実習指導者の方は、私の経験少ない部分をじっくりと時間をかけて教えてくれました。また、『認定看護師として!!』と力が入り過ぎ、挫折しそうな私を気にかけて下さり、認定看護師という前に『看護師としての自分』を見出すことができました。
認定看護師の教育過程は、私にとって、とても大変な半年間でした。でも、振り返って思うと、とても貴重で大切な経験ができた半年だったと実感しています。
この半年を通して、自分がどの程度成長できたのか、自分がどこまでできるのか、まだ自分自身で自覚することはできてはいません。しかし、看護師として、人間として、妻として(以前投稿した看護日誌で結婚式の記事の看護師です)(^^)v、母として(お腹には2ヶ月の愛の結晶がいます)、これからも全力で頑張っていこうと思います。

コウノトリ 実習指導者さま,教育課程の先生方,そして同期生の皆さま、この場を借りてお礼を言わせていただきます。『素敵な時間後過ごすことができました。ありがとうございます』。

また、スタッフの少ない中、研修に出してくれた看護部長はじめ、スタッフの仲間にお礼をいいます。
本当に大切で素敵な充実した時間をありがとうございました。

ピサの斜塔 PS:この写真は、babyの存在を知らずに新婚旅行でイタリアへ行きました。その時の1枚です❤
みなさん!何処かわかります?世界遺産「ピサのドゥオモ広場」にあるピサの斜塔で~す(^.^)/~~~。

 

8月 2009
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31