看護師便り

東京都済生会向島病院、看護部のブログです。看護師が交代で日々の出来事や想いをお届けします。

看護師便り 晴耕雨読

2022年06月15日

6月に入り、梅雨入りとなりましたが、皆さんはどうお過ごしですか?

『晴耕雨読(せいこううどく)』という四字熟語を耳にしたことはありますか?その意味は、晴れの日には畑を耕して雨の日には家の中で読書をすること(学研四字熟語辞典)、とあります。

もう家の中はうんざり!という人もいるかもしれませんが、しとしと雨の降る日に読書を楽しむのも悪くないと思います。

「このミステリーがすごい!」大賞という賞をご存じですか?私は読書が好きでよく本を読むのですが、「このミステリーがすごい!」大賞の作品はどの作品もとにかく面白いのです!

海堂尊先生は『チームバチスタの栄光』で第4回大賞を受賞し、作家デビューしています。

白鳥&田口コンビのバチスタシリーズをはじめ、『ブラックペアン1988』など映像化しているものも多く、映画やドラマでご覧になった方もいるのではないかと思います。
海堂先生の本は、登場人物がある本では脇役で、ある本では主役級で書かれていたり、若手だった先生がベテランになっていたりと、作中の人物が様々な作品に登場します。このリンクした登場人物を追うのも面白いのです。また多くの医療問題を小説の中に取り入れています。画像診断で死因を検証する「死亡時画像診断」いわゆるAI(Autopsy imaging)は小説の中に取り入れることで、多くの人が知るきっかけになったと思います。私自身、このAIにより小児虐待の事実がわかった事例などから様々なことを考えるきっかけになっています。

海堂先生の本は誰が読んでも、どの本から読んでも楽しめる本が多いと思います。

とりあえず、気になった本を手にとって、雨の日に読んでみてはいかがでしょうか。

6月 2022
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930