看護日誌

東京都済生会向島病院、看護部のブログです。看護師が交代で日々の出来事や想いをお届けします。

看護日誌 今年の夏の思い出

2018年11月07日

年々自然災害が増えているように感じます。被災地の皆さまにはお見舞い申し上げます。

皆さん「夏の思い出」という歌をご存知ですか。「夏がく~れば おもいだす~ はるかな尾瀬 遠い空~」という歌です。私は田舎もなく尾瀬に行ったこともありませんが、夏というとなぜだかこの歌をハミングしてしまいます。この歌にすごい思い入れがあるというわけではないのですが、胸に染みます。不思議ですね。

話は変わりますが、我が家では毎年夏になると潮干狩り・バーベキュー・花火が定番になっています。最近は、バーベキューの時には燻製を作ることもあり、肉や魚を焼くだけではなくなっています、と言っても私が腕を振るうわけではありませんが(^_^;)。知り合いには「バーベキュー好きだね~」と言われたりしますが、緑が多く爽やかな風を感じながら、椅子にもたれ贅沢な時間を過ごすのが大好きなのです。今年初めて埼玉の彩湖・道満グリーンパークに行ったのですが、海辺のような喧騒さがなく時が穏やかに流れる感じでとても良かったですよ。機会があったら是非出向いてみてください。

今年の隅田川の花火は煙で隠れることもなく、ずっと綺麗に打ち上げられていました。でも花火玉の落ちてくるカスも凄かった!

 

 

 

 

 

ホテルの夏祭りにも行ってみました。ホテルの外壁にプロジェクションマッピングで花火が打ち上げられていたのですが、これがまた思った以上に綺麗でした。

 

 

 

 

 

せっかくの夏祭りなので、射的やボンボン釣りも体験し景品もゲットしました(*^_^*)。射的の景品の使い方はわかりませんでしたが・・・。

 

 

 

 

 

ホテルの庭園には和傘がライトアップされ夏の風情を沢山感じることができましたよ。

 

 

 

 

 

手を叩くと音楽が流れる仕組みになっていて、外国のお客さまと一緒に手を叩いて喜んでしまいました。

 

今年は去年以上に猛暑で体調を崩してしまうかも!?と思いましたが、その季節の趣に浸るだけでも元気が取り戻せたような、心が穏やかになったような、豊かになったような、そんないい感じで乗り切りました。

身体だけでなく、時には唸りたくなる時や、苛立ちを声に出したくなった時は、この時の気持ちを思い出して、自分の心をもコントロールしていきたいと思いま~す。