ホーム >  診療体制 >  整形外科

整形外科

診療内容・特色

診療内容・特色

整形外科は、骨、筋肉、靱帯、神経などの器官をあつかう運動器外科です。当科では、一般整形外科の診療とともに、脊椎、膝関節、股関節はその分野の専門家による診療を行っています。

一般整形外科:
整形外科がカバーする範囲は、上記の骨、筋肉、靱帯、神経などの広い範囲に及びます。
気になるご症状がおありの際は、初診外来においで下さい。
(初診外来は月、水、木午前中ですので電話予約をお取り下さい。急に症状が悪化したなどの方は予約なしで受け付けていますが、定員数を超えると受診をお断りせざるを得なくなることもありますので、可能であれば朝一番においで下されば少しでもスムーズなご受診が可能かと存じます。)

脊椎疾患:
当科部長の井上が担当しています。
問診の上、身体所見を拝見し、必要な方には画像検査を行って診断を確定し、治療方針を決定します。
まず、日常生活での注意点や基礎的なエクササイズについてのアドバイスをさせていただき薬物治療などの保存的治療を行います。
それだけでは症状が軽快されない方には、数日間の入院をしていただいてミエログラフィーと神経根ブロックを行っています。
それでも症状が軽快されない方には手術的治療を検討させていただくことになります。
当院には集中治療室や心臓カテーテル検査が行える施設がなく、常勤の脊椎外科専門医も1名のため大きな手術は行えませんが、元永寿総合病院脊椎外科部長の河野克己先生にご協力をいただいて椎体間固定術や椎弓形成術、BKP(経皮的椎体形成術)手術等を中心とした手術的治療を行っています。また、河野先生執刀にて思春期の脊柱側弯症手術も可能です。

膝関節疾患:
毎週木曜日午前に、済生会中央病院の勝山詠理先生が外来を担当してくれています。
手術が必要な方は、済生会中央病院で行います。

股関節疾患:
毎月第2,4土曜日に、済生会中央病院顧問の柳本繁先生が外来を担当して下さっています。柳本先生は、人工股関節手術の日本トップクラスのドクターです。変形性股関節症で手術を考えている方はぜひ一度受診なさって、ご相談ください。

骨粗鬆症:
骨粗鬆症は、脊椎の圧迫骨折と関連が深いので、脊椎疾患を専門とする井上の外来で主に拝見しています。
骨密度を測定し、血液中の骨代謝マーカーやカルシウム等の値を見て,最適な骨粗鬆症薬を選択し、合わせて骨粗鬆症の改善や予防に役立つエクササイズやライフスタイルについてもお話ししています。
来年度からは、念願だったDEXA(デキサ)装置がついに導入され、脊椎と大腿骨の骨密度を精密に測定できるようになりますので、ぜひ楽しみになさって下さい。

ロコモ・フレイル外来:
最近、ロコモティブシンドローム、フレイル、サルコペニアという言葉をよく耳にされるのではないかと思います。いずれも加齢によって運動器が弱り、日常生活に不自由をきたす状態です。
当科では、リハビリ科の岡里拓郎理学療法士が意欲的に協力してくれて、毎月第1土曜日にロコモティブシンドローム・サルコペニア・フレイル外来(略してロコサル・フレイル外来といっています。)を行っています。
当院には、筋肉や脂肪量を高い精度で計測できる「体組成計」やバランス能力を計測できる「重心動揺計」があります。それらの結果も含めて運動能力や栄養状態など、多方面からロコサル・フレイルの状態を精査し、抗加齢医学の視点も生かして適切な運動や食事、ライフスタイルのアドバイスをしてゆきます。関心のある方はぜひご受診ください(予約制)。

今や、人生100年時代を迎えています。その中で運動器の健康を保ち、病気を予防するために整形外科が果たさなければならない働きは日々大きくなっていることを実感しています。
「お一人でも多くの方に、一日でも長く、少しでもお元気に、人生の仕事を果たしていただくお手伝いをさせていただきたい」
これは、毎日の診療にあたらせていただくにあたって、いつも私が心に刻んでいる願いです。
志を高く持ち、知識・技術も日々アップデートして、より皆様のお役に立てるように努めてまいります。これからもよろしくお願い申し上げます。

対象疾患

骨、筋肉、靱帯、神経などの運動器の症状
脊椎疾患:腰部脊柱管狭窄症 腰部椎間板ヘルニア 腰椎すべり症 頚部脊椎症 脊椎圧迫骨折 脊柱側弯症等
膝関節疾患:変形性膝関節症 半月板障害 靱帯損傷 スポーツ障害 膝関節周囲の骨折等
股関節疾患:変形性股関節症 小児股関節疾患 スポーツ障害 股関節周囲の骨折等
骨粗鬆症
ロコモティブシンドローム、サルコペニア、フレイル

医師紹介

井上 清 氏名 井上 清 いのうえ きよし
役職 整形外科部長
専門分野 脊椎外科 一般整形外科
学会資格 日本整形外科学会専門医 日本整形外科学会認定スポーツ医 日本脊椎脊髄病学会指導医・専門医 日本抗加齢学会専門医 日本臨床栄養学会認定サプリメントアドバイザー
コメント 人生100年時代に、ぜひ皆様に100歳までお元気でスタスタと歩いていただきたいという夢を抱いています。
病院での診療のみでなく、健康講座などにも積極的に参加させていただいて、地域の皆様にお目にかからせていただきお役に立てればと願っております。なんでもお気軽に相談して下さい。
栁本 繁 卒業年:昭和55年
河野 克己 卒業年:平成3年
小川 亮 卒業年:平成22年
前田 隆浩 卒業年:平成25年
勝山 詠理 卒業年:平成17年

TOP