ホーム >  診療体制 >  腫瘍内科

腫瘍内科

診療内容・特色

日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医の常勤医師ががん診療を担当しています。がんの病状や合併症、患者さんを取り巻く環境に合わせた適切な治療を提案します。化学療法(抗がん剤)と同時に、抗がん剤の副作用やがんによる身体的苦痛、様々な不安を解決する緩和治療にも幅広く対応しております。
がんと診断されてから、できるだけ住み慣れた環境で安心して療養できるよう、訪問診療と連携して地域一丸となってサポートしていきます。

∗確定診断のための生検、外科治療、放射線治療が必要な場合は、近隣病院や関連施設に速やかにご紹介いたします。
∗現在のところ化学療法は入院で行っています。投与が1日の場合は日帰り入院になります。
∗緩和療法を主軸に行う方も、癌の種類を問わず入院や外来で診療しています。

対象疾患

がんではないかと心配している方、がんと診断されて不安を抱えている方、治療方針について相談したい方、療養場所含め生活面でお困りの方、がんに伴う症状でお困りの方、
その他、がんの種類や病期(ステージ)を問わず、どなたでもご相談ください。

医師紹介

氏名 谷山 智子 たにやま ともこ
役職 医員
専門分野 がん診療、内科全般
学会資格 総合内科専門医、がん薬物療法専門医、呼吸器専門医
コメント 抗がん剤治療を含め緩和ケアを丁寧に行いながら、適切ながん診療を行うよう心がけています。がんと診断されてご不安を抱えている方、気になる症状がある方、どなたでも何でもまずはご相談ください。

TOP