看護日誌

東京都済生会向島病院、看護部のブログです。看護師が交代で日々の出来事や想いをお届けします。

看護日誌 心と体のバランス

2019年12月20日

令和元年も、もうすぐ終わりですね。
今年は夏日が続いて、いつの間にか冬に早変わり。そしてもう年末。

皆様はどんな1年だったでしょうか?

向島病院ではパソコンシステムの変更がありユニフォームも新しくなりました。
そして令和元年の最後に向島では、看護師向けヨガ教室第1回目が院内で開催されました。 (主催:NPO法人キャンサーリボンズ「サンクスナース」プロジェクト、協力:ルルレモン)

ヨガは1時間ほどでしたが、私たちの状況をみながら、優しくインストラクターの方が教えてくださいました。
私も第1回目に参加しました。普段使わない筋肉を使いましたが、リフレッシュできて、体の凝り固まりが改善したように思います。参加者の感想は、「きつかったわ~」「スッキリした感じ」「肩こりがよくなった」「唸ってばっかりだったわ」と千差万別でしたが、皆さん楽しく参加されていました。

ヨガにはどんな効果があるのかご存知ですか? 「ヨガ」とはサンスクリット語で「つながり」を意味しています。 心と体、魂が繋がっている状態のことを表します。呼吸、姿勢、瞑想を組み合わせて、心身の緊張をほぐし、心の安定とやすらぎを得るものです。 具体的には「調和」「統一」「バランス」を意味し、体・心・呼吸・食べ物など、あらゆるカテゴリーと関係しています。

ヨガの効果は
●身体のゆがみ・くせを直す
シェイプアップ効果、姿勢が良くなる、内臓が活性化され体内環境を整える
●自然治癒力を高める
●内観性が高まる
集中力、感情のコントロール力の向上
●慢性的な症状の緩和
肩凝り・腰痛・頭痛・冷え・便秘・更年期・月経障害などの病気の予防や改善
●自律神経を調える
ホルモンバランスの調整や強化 などあるようです。

https://www.npo-yoga.com/about_yoga/mokuteki.html から引用。

私たち看護師は、日々患者さんの全身状態を見ながら看護を提供しています。そんな私たちも、自分で意識していないうちに心と体のバランスが崩れてしまう事もあるかもしれません。

人それぞれリフレッシュ方法は様々ですが、心身ともに見つめ直すと新たな発見があり、日常の違いも感じることができました。

自身の心と体のバランスもとりながら、より良い看護へ繋げられるようにして行きたいと思っています。

皆さまも機会がありましたら是非参加してみて下さい!!

12月 2019
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031