看護日誌

東京都済生会向島病院、看護部のブログです。看護師が交代で日々の出来事や想いをお届けします。

日々の成果を形に

2018年03月14日

2月17日(土)~18日(日)第70回済生会学会が開催されました。今年の開催地は福岡県で、福岡国際会議場、福岡サンパレス、マリンメッセ福岡を会場とし多くの方が参加されました。

毎年看護部では目標を設定しながら日々の成果を形にして発表するよう学会への参加に取り組んでいます。

学会発表と聞くと堅苦しく重圧感から逃げたい気分になる時もあります。しかし、我々が日々取り組んでいることの評価として発表すると考えると、少し重圧感がとれる気がします。自部署を良くしたい、看護の質を向上させたい、業務効率化を図りたい、それぞれ色々な思いで日々仕事に取り組んでおり目的や目標があります。
それを形にするには業務の合間を上手く使ってまとめることにもなり、時間的な面からも大変なことは事実です。

それでも、今年度当院からは9題、看護部からは5題の発表を行うことができました。座長からは発表テーマに退院支援加算、認知症支援加算があったことを受け「看護部として戦略的に取り組んでいて頑張っていますね」との言葉もいただきました。発表者の方、本当にお疲れ様でした。

もちろん、美味しいひと時も過ごせました。前夜は福岡の美味しい魚介を堪能し、翌朝は某有名割烹料理屋が開いた定食を食せるお店で脂ののった鯖定食を頂きました。朝定食の時は炊きたてのご飯が食べられるところもおススメです。もう少し時間が許せば一泊してさらに美食と美酒を堪能したかったです。

次年度も看護部として発表ができるよう頑張ります。