看護日誌

東京都済生会向島病院、看護部のブログです。看護師が交代で日々の出来事や想いをお届けします。

  • 2012年04月09日

    褥瘡委員会活動中

    「褥瘡」は、古いようで新しい言葉です。 語源を調べてみると、褥瘡とは床ずれの事をいい、褥は敷布団、瘡はカサブタのカサで、傷という意味があります。布団で寝たきりになってできる皮膚の傷という意味だそうです。   褥瘡は、私が看護学生だった数十年前の教科書には、すでに掲載されていました。年齢がばれてしまいそうですが...。その頃は、褥瘡を作ることは「看護の恥」と言われていま・・・続きを読む